コンテンツにスキップする

無限エネルギー自然界からエネルギを作る 再生可能エネルギー

太陽光発電で水素発生をして電気を作る

電力がない所で生きるために電気を作り完全自給自足電気

自然界のエネルギーを備蓄してCO²の完全に無い電力電源


About me


イオン化傾向と電極電位


  • 金属のイオン化傾向とは?

    金属が水又は水溶液中で電子e-を放出して陽イオンになろうとする性質。

  • イオン化傾向が大きいとは?

    陽イオンになりやすい→電子を放出しやすい→酸化されやすい

  • イオン化傾向が小さいとは?

    陽イオンになりにくい→電子を放出しにくい→酸化されにくい

  • イオン化傾向が小さい金属イオンを含む水溶液にイオン化傾向の大きな金属単体を浸せきすると?

    イオン化傾向の大きな金属が酸化され溶解し、イオン化傾向の小さな金属が還元され析出する

金属はプラスやマイナスの電気を帯びていて、その差が電圧となる。たとえば亜鉛は-0.76V、銅は0.34Vという固有の電気を帯びているので、その差の1.1Vの電圧を発生できるのだ。ただこれはベストな状態なので、実験結果は1.1Vよりやや低めになっている。アルミの場合は-1.676Vあるので、銅と組み合わせると最大2.16V取り出せる

もしリチウムと金の板が手に入るなら、最大4.565Vの電圧が取り出せるが、高価なものになる。

アルカリ電池(2酸化マンガン+黒鉛と亜鉛)やニッケル水素電池(水酸化ニッケルと水素吸蔵合金)も、2種類の金属(物質)で電解質をはさんでいる構造になっている。アルカリ電池は1本あたり1.5V、ニッケル水素電池は1.2Vの電圧が取れる。1.5V出せるニッケル水素電池があれば非常に便利なのだが、水酸化ニッケルと水素吸蔵合金を使っている限り1.5Vのニッケル水素電池は作れない

金属名 元素記号 標準単極電位
リチウム Li -3.04
カリウム -2.93
カルシウム Ca -2.76
ナトリウム Na -2.71
マグネシウム Mg -1.55
アルミニウム Al -1.662
マンガン Mn -1.185
亜鉛 Zn -0.762
クロム Cr -0.744
Fe -0.447
カドミウム Cd -0.403
ニッケル Ni -0.257
すず Sn -0.138
Pb -0.1262
(水素) (H) 0.00
Cu +0.342
水銀 Hg +0.851
Ag +0.800
白金 Pt +1.118
Au +1.498

電気を安く売って高く買うあなたは馬鹿でしょうか?

About me

屋根の上にソーラパネルを置いているかたへ

昼間の時間に売電して夜電力会社から買う事は不合理な物を合理的に使うシステムす。年間??万損していませんか?


About me

About me

About me

人間の体は、この電解質の陽イオンと陰イオンのバランスによって血管、細胞、神経、筋肉などの動きを調節しており身体にとって重要な役割を果たしています。
電解質(イオン)は少なすぎても多すぎても細胞や臓器の機能が低下し、命にかかわることがあります。

主な電解質(イオン)には、
ナトリウム、クロール、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどがあります。
これらは5大栄養素としてあげられるミネラルに属しています。

About me

電解質として当てはまるのはイオン性物質

激しい運動などにより汗をかいた場合は、ナトリウム(Na)が汗と一緒に流れ出てしまい、食中毒などによる嘔吐、下痢などによっては、ナトリウム(Na)もクロール(Cl)も体から流れ出てしまいます。電解質のバランスが崩れることで、倦怠感、頭痛、吐き気、めまい、血圧や臓器血流低下といった「脱水症状」が現れます。

人間の体も機械と同じ

例としては、塩化ナトリウム(NaCl)や塩化水素(HCl)などがあります。塩化水素(HCl)は、水に溶かすと陽イオンである水素イオン(H+)と陰イオンである塩化物イオン(Cl-)に電離します。

~体内の水分が2%失われると運動能力が低下~
体内の水分が2%失われると喉の渇きを感じ、運動能力が低下しはじめます。

3%失われると、強い喉の渇き、ぼんやり、食欲不振などの症状がおこり、4~5%になると、疲労感や頭痛、めまいなどの脱水症状があらわれます。
そして、10%以上になると、死にいたることもあります。
人間にとって水分の摂取は、欠かすことができないとても大切なものなのです。
暑いところでは血管を拡げ血流量を増やし、汗をかくことで体温を調節しています。
しかし、たくさんの汗をかくとそれだけ体液を失い、体液が少なくなって体温が上昇し、車でいえば「オーバーヒート」のような状態になります。

電解質ってなぁに?人体の脱水症状の関係

水に溶けると(陽イオン +)と(陰イオン -)に分かれ、電気を流す物質のことです。
これだけではなかなか難しいですよね? 
具体的な代表は『塩』 NaClです。

『塩』はナトリウム(Na+)という[陽イオン]と クロール(Cl-)という[陰イオン]の2つで成り立っています。これが水に溶けて離れること(電離)で電解質となります。
電解質は水中では電気を帯びたイオンになり、電気を通すようになります。

About me